TOP > カテゴリ > 政治・経済・生活 >

健康診断、予防接種、風邪薬の費用が控除される[セルフメディケーション税制]

平成29年1月から健康診断や予防接種などの費用、風邪薬や胃腸薬などのOTC医薬品(一般用医薬品)の購入費が年間で1万2千円を超える金額が総所得から控除されます。

セルフメディケーション : 自主服薬、自己治療、自己管理

期間

平成29年1月から平成33年12月31日まで。
※この制度により日本全体の医療費が削減されれば、延長されます。

対象の健康管理

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

対象の自己服薬

要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品で「かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬」など。

※この薬効の全ての医薬品が対象となるわけではありません。

注意事項

現行の医療費控除(年間医療費が10万円を超える分が控除される)とは併用は出来ません。

未来予想図

日本の医療費は年々増加して40兆円を突破している状況ですので、医療費を削減する為にこのような税制を検討しています。これを発展させると、適度な運動をしている方は税金が安くなる、運動をしていない方は高くなる等も考えられます。

私的には医者や医療関連の研究者になる為の学費を無料にすると、医療費が大幅に削減されると思うのですがどうでしょうか。

厚生労働省へのリンク

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について





関連記事



公開日:2016年11月13日
記事NO:02201