TOP > カテゴリ > 政治・経済・生活 >

初心者による車のバッテリー交換

今回は自動車(軽自動車を含む)の「バッテリー交換」の方法をご紹介します。

準備するもの

総額で約5,369円です。(工具などを含む)

バッテリー/工具値段備考
HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー 40B19L¥2,986Amazon.com

車種によって異なります。(詳細は後述)
OHM(オーム電機) デジタルマルチテスター 普及型 TDX-200 (04-1855)¥1,191Amazon.com

バッテリー電圧の確認用ですが、確認しない方は不要です。
M&M コンビネーションレンチセット 6本組 No.200¥1,192Amazon.com

8/10/12/13/14/17mm

バッテリーは2年または4万km前後で交換する必要があります。

1. テスターでバッテリー電圧を計測する

エンジンを切った状態で「古いバッテリーの電圧」を計測します。(11.87V)

正常なバッテリーの電圧は12.5Vから13V未満です。(普通・軽自動車問わず)

電圧が11V台になると車種によってはエンジンが始動しない、ウインカー、ハザードランプなどが点灯しないなどの状態になります。

2. バッテリの型番を確認する

バッテリーは車の種類によって異なりますので、必ず現在の「バッテリーの型番」をメモして車量販店のオートバックスやイエローハットなどで確認をしてから購入してください。

特にエコカーやアイドリングストップ車はバッテリーが異なりますのでご注意ください。

3. 古いバッテリーを撤去する

コンビネーションレンチセットを使用して古いバッテリーを撤去します。

最初に「-」ケーブルを外します。

次に「+」ケーブル」を外します。

最後に「取付金具」を外します。

[撤去した状態]

4. 新品のバッテリー電圧を確認する

5. 新品のバッテリーを装着する

取付け順序は「+」「-」「取付金具」となります。

装着後にエンジン始動や電気系統の確認をします。

6. 走行テストをする

2~3kmの走行テストをした後のバッテリー電圧を確認します。

12.91Vまで上がりました。充電も確認できましたのでOKです。

お疲れ様でした。

参考サイト

交換方法 | おしえて! カーバッテリー (Panasonic)
原因は電圧?車のバッテリー寿命の見極め方 





関連記事



公開日:2017年08月09日
記事NO:02516