TOP > カテゴリ > JavaScript >

[Google Charts]面グラフを作成する

Google Chartsで面グラフを作成するサンプルです。面グラフは折れ線グラフの範囲内の部分を塗りつぶしたものです。主に2つ以上の値で累積値を比較するのに使用されます。

サンプル

面グラフのサンプルです。

サンプルコード

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<script type="text/javascript" src="https://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">

  // ライブラリのロード
  // name:visualization(可視化),version:バージョン(1),packages:パッケージ(corechart)
  google.load('visualization', '1', {'packages':['corechart']});     
         
  // グラフを描画する為のコールバック関数を指定
  google.setOnLoadCallback(drawChart);

  // グラフの描画   
  function drawChart() {         

    
    // 配列からデータの生成
    var data = google.visualization.arrayToDataTable([
      ['年度', '販売価格','経費'],
      ['H21年度',  1000 ,780],
      ['H22年度',  1100 ,850], 
      ['H23年度',  1000 ,980],
      ['H24年度',  980  ,800],
      ['H25年度',  950  ,780]          
    ]);

    // オプションの設定
    var options = {
      title: '販売価格と経費の年間推移 ( 単位:円 )',
      hAxis: {title: '経費'},
      vAxis: {title: '販売価格'}      
     };
             
    // 指定されたIDの要素に面グラフを作成
    var chart = new google.visualization.AreaChart(document.getElementById('chart_div'));
      
    // グラフの描画
    chart.draw(data, options);
  }
  
</script>
</head>
<body>
  
  <!--  グラフの描画エリア -->
  <div id="chart_div" style="width: 100%; height: 350px"></div>
  
</body>
</html>

サンプルの解説(Javascript)

1. google.load()でライブラリをロードします。
2. google.setOnLoadCallback(drawChart)でコールバックを設定します。
3. コールバック先のdrawChart()でグラフを描画します。

<データの生成>
サンプルの書式を参考に改変すれば、データを増減できます。データを生成する方法はarrayToDataTable()とDataTable()の2種類あります。共に見出し部分は「'(シングルクォーテーション)」または「"(ダブルクォーテーション)」で括る必要があります。

サンプルの解説(HTML)

Javascript側で指定した「id=chart_div」の要素を使用して

<div id="chart_div" style="width: 100%; height: 350px"></div>

でグラフの描画エリアを指定します。widthやheightなどは自由に変更できます。

グラフ関連記事の目次

Google Chartsの使い方とまとめ

出典

ここで公開されているサンプルはGoogle Charts(英語)で公開されているコードにコメントなどを付加してます。





関連記事



公開日:2015年04月01日
記事NO:00621