TOP > カテゴリ > Excel >

ヒストグラムを作成する[Excel2016]

Excel2016の新機能である「ヒストグラム」を作成する方法です。ヒストグラムは統計グラフでデータの分布状況を視覚的に認識するのに用いられます。

※Excel2016のヒストグラムには一部、文言に誤りがあります。

事前準備

図のようにエクセルに値を入力してください。

操作対象

リボンの「挿入」タブの緑線で囲まれた部分を使用します。

ヒストグラムの作成

B列を範囲で選択します。

次にリボンの「挿入」タブの「ヒストグラム」をクリックします。するとヒストグラムが作成されます。

このグラフの読み方は10点から51点の人が7人、52点から92点の方が3人となります。

ただ、このままではわかりにくいグラフなので少し変更します。

[51,92]とかいてる横軸の上で右クリックを押します。するとポップアップメニューが表示されますので「軸の書式設定」を選択します。

すると右側のサイドメニューに「軸の書式設定」が表示されます。

「ごみ箱の数」を「5」に変更します。

次にエクセルの適当なセルを選択するとグラフが縦棒が5つになります。

これでヒストラグラムの完成となります。

ヒストグラムのバグ

気になる事が2点あります。

グラフの縦棒では「55点から70点」は「一人」、「70点から85点」は二人になっていて縦棒の下にある表記は[55,70]、[70,85]になっています。表記上ではお互いに[70]を含んでしまっているので[50,70][71,85]の表記のほうが親切だと思います。(これはバグというより仕様と言うかも知れません)

[参考データ]

もう一点はこの「ごみ箱」という表記です。

マイクロソフトの公式解説では「ごみ箱」が「ビン」になっています。

「ごみ箱」と「ビン」...。

英語で「Bin」はごみ箱や置き場という意味ですが、ここでは「項目」という意味ではないでしょうか。これに関してはいずれ修正されると思います。

Excel2016

[初級]
操作アシスト機能
[グラフ]
ウォーターフォール
ツリーマップ
サンバースト
ヒストグラム
パレート図
箱ひげ図
[予測]
予測パレット
[クエリ]
新しいクエリ/クエリの結合・追加
テーブルからクエリ/クエリツール
クエリエディター
クエリとVBA

エクセル講座のクイックリンク

ホーム 新機能 基本(初級) 基本(中級) 基本(上級) 関数 マクロ VBA TIPS





関連記事



公開日:2015年10月04日 最終更新日:2015年10月08日
記事NO:01415