TOP > カテゴリ > Delphi >

テキストを保存すると強制的に改行コードが0D0A(#13#10)となる

テキストファイルの改行コードを0A(#10)で保存したい場合にTStringListで保存すると改行コードが0D0A(#13#10)になってしまいます。今回はその回避方法をご紹介します。なお、動作確認はDelphi5となっております。

文字列をファイルへ保存する

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
var
 str :string;
 StringList :TStringList;
begin
 str := 'abcde' + #10 + '12345'; // 改行コードは#10とする
 StringList := TStringList.Create;
 try
   StringList.Text := str;
   StringList.SaveToFile('C:\TStringList.dat');
 finally
   StringList.Free;
 end;
end;

結果をバイナリエディタで確認すると改行コードがCRLF(0D0A)となります。

回避方法

TMemoryStreamを使用すると改行コードがLF(#10)で保存できます。

procedure TForm1.Button2Click(Sender: TObject);
var
 str :string;
 MemoryStream :TMemoryStream;
begin
 str := 'abcde' + #10 + '12345'; // 改行コードは#10とする
 MemoryStream := TMemoryStream.Create;
 try
   MemoryStream.WriteBuffer(pchar(str)^,Length(str));
   MemoryStream.SaveToFile('C:\TMemoryStream.dat');
 finally
   MemoryStream.Free;
 end;
end;

結果をバイナリエディタで確認すると改行コードがLF(0A)となります。

この記事はこれにて完了です。





関連記事



公開日:2015年03月19日
記事NO:00558